退去立ち会いが無い上に不当請求

退去時の立会いが無い事や不当請求について

5年間住んでいたマンションの所有者が途中から変わりました。
それまでは、知人の大家が管理。その後は、オーナーと管理会社は変わったものの、契約内容は変わらないまま退去日を迎えました。

退去当日、管理会社の社員が来たので退去立ち会いをするものだと思ってました。
しかし、その社員は「私は鍵を受け取るだけ」ということで、その日に退去立ち会いが行われる事はありませんでした。

本来なら、鍵を渡す段階で部屋の状況を確認するものと思っていたんですが、それをやらずに、業者が個別に修繕箇所をチェックするとのことです。

後日、請求内容が届いたのですが、クロスとフローリングの張りかえ料金として、10万円が請求されました。

私は特に汚していないので、納得できずに問い合わせしたところ、以下のような回答が管理会社からありました。

  • 退去時には立会いはしないのが普通
  • 家具や家電を置いていた部分は、床がへこむのでクロスと床の張替えが必要
  • 本当はもっと広範囲で改装したいが、クロスと床の張替えで我慢した
  • 前の大家から、敷金を殆ど受け取っていないから仕方ない

このような内容なのですが、どうしても納得できません。
退去時の立ち会いが無い事。それから、前の大家から引き継がれてない敷金についてどう思いますか?

4種類の回答

1人目

家具や家電によるクロスの張り替えですが、この修繕費は取られないはずです。

明らかに部屋を改造したのがあれば、修繕費の必要が出てきますが、家具や家電によるへこみは、明らかに故意の場合でなければ、生活上仕方ないことです。
なので、請求の対象外となるはずです。


2人目

故意でなければ、自然消耗となり家主が全額負担するのが通常です。
支払う必要性はありません。それから、敷金を引き渡されていないということですが、その事情は、管理者側同士のやり取りに問題があり、あなたが関われる事は何もありませんよね。

よって、責任は何もありません。


3人目

クロスやフローリング張り替え等は、家主さんが負担する部分で、あなたが負担する必要性は全くありません。


4人目

以前の大家から、敷金の引き継ぎがなくてもあなたには何も関係ありません。
なので、あなたの納めた敷金は、当然あなたに返ってきます。この件に関しては、完全に無視してください。

契約を引き継ぐと言うことは、そういった部分も踏まえているので、実際にお金が動いたかと言うことは、一切関係ない事です。

また、退去立ち会いの件ですが、契約書上、退去立ち会いをしないという場合は、家主が全額負担するという事と同じ意味があります。
冷蔵庫等に関しても、使用するということは、生活をする為には普通に想定出来ることなので、管理者側の支払いとなります。

それから、退去者のあなたが承諾していないにもかかわらず、修繕をするというのは、やってはいけないことですよ。

このようなトラブルを未然に防ぐ為には、写真撮影もそうですが、ビデオカメラ等で部屋内の様子をしっかりと撮影しておくことも一つの方法です。その際は、いつ撮影したのかという、日時がはっきりとわかるようにしておきましょう。